一戸町の元地域おこし協力隊の荒内雅美さん(43)は26日、同町西法寺のIGRいわて銀河鉄道一戸駅に今夏開設予定の交流スペースで、壁塗りワークショップを開いた。

 町内外の子ども約10人が参加。同町高善寺の内装業マーベル美装の職人に手ほどきを受け、ペンキのローラーを手に「一気に塗れる」「きれいな色」と声を上げながら作業に励んだ。5時間ほどで2度塗りし、白壁が爽やかな淡い緑色に変わった。