ソフトバンク7-2ロッテ

 スケールの大きな投球が暗転したのは六回だった。1死三塁から柳田に勝ち越し打を浴び、ロッテの佐々木朗希(大船渡高)は天を仰ぐ。続く栗原に、この日初の四球を与えて交代を告げられた。5回1/3を投げ3失点でプロ初黒星を喫し、「援護をもらいながら六回途中で降板して本当に申し訳ない」と唇をかんだ。

 2-1で迎えた六回は、先頭の今宮に直球を左中間へ二塁打とされる。続く三森はバントファウルで追い込んだが、直球が甘く入り、右中間を破る同点三塁打を浴びた。この回からスライダーが抜け始めたり、直球を捉えられたり、と体力面に課題が見えた。