2021.06.25

岩手日報気仙広華会が総会

 岩手日報気仙広華会(橋爪博志会長、24会員)は24日、大船渡市大船渡町の大船渡プラザホテルで本年度通常総会を開いた。

 会員、川村公司岩手日報社常務取締役広告事業局長ら約20人が出席。橋爪会長は「コロナ禍で制限は多いが、知恵や道具を使い、活動を継続していくことが重要」とあいさつした。

 本年度の事業計画を承認。気仙広華会創立40周年記念式典、日報リーダーズサークル気仙例会は、コロナの動向を注視し、開催の可否を含め判断することとした。