2021.06.25

ICカードは「IGUCA」 県北バス、デザイン決定

県北バスが導入する地域連携ICカード「IGUCA(イグカ)」(県北バス提供)
県北バスが導入する地域連携ICカード「IGUCA(イグカ)」(県北バス提供)

 県北バス(盛岡市、松本順社長)は、来春から導入する自社の地域連携ICカードの名称を「IGUCA(イグカ)」とし、デザインを決定した。県内全ての路線バスに導入予定で、キャッシュレス乗車など乗客の利便性を高める。

 イグカは方言の「いぐ(行く)」と「カード」を組み合わせた名称。デザインは「行ぐか」と声を発しているイメージの吹き出しや矢印に見立てたG、駆け足しているようなフォルムのAを配置し、親しみやすい印象に仕上げた。

◇      ◇

 詳報は、6月24日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞