北上市村崎野の黒沢尻工高(千葉治校長、全日制560人、専攻科13人)機械科の3年生6人は22日、同市和賀町岩崎のいわさき認定こども園(栗生沢(くりうざわ)恵子園長、園児97人)で遊具の修繕活動を行い、園児の安全な生活を願った。

 同校の課題研究の一環で、三輪車3台を修理。工具でさびと塗装をはがし、ペンキで赤く塗り直した。ねじを締め直すなど保守管理も行った。

 園児は生徒の様子を「かっこいい」と興味津々で見つめた。小田島嵩(しゅう)さんは「学校で培った経験が人の役に立ってうれしい。きれいな遊具で安全に遊んでほしい」と汗を拭った。