2021.06.24

田野畑南-尾肝要が来月10日開通 三陸道、普代-仙台が直結へ

 
 

 東日本大震災の復興道路として国が整備を進める三陸道(県内分延長213キロ)の田野畑南-尾肝要(おかんよう)間(6キロ、田野畑村)は7月10日、開通する。普代村から仙台市までの283キロが結ばれ、救急搬送の迅速化や観光、産業振興などが期待される。今夏を目指していた野田-久慈間(12キロ)の開通時期は、のり面変形のため未定となった。

 7月10日は現地で関係者による式典を行い、午後4時から車両の通行が可能となる。区間内の田野畑南、田野畑中央の両インターチェンジ(IC)は、両方向から乗り降りできるフルICで整備される。

◇      ◇

 詳報は、6月24日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞