宮古市長町の水産加工業共和水産(鈴木徹社長)は今月から、同市で水揚げした海産物や加工品の通販サイト「港の百貨店」を開設している。他社商品も取り扱うセレクトショップ形式で、同社が広報や検品、発送を一括して担うことで効率的に運営する。不漁や新型コロナウイルス禍など、逆風の中にある水産加工業界が新たな販売モデルに挑戦し、宮古ブランドを全国に発信している。

 サイトには市内の5ブランドが出品し、目玉商品は旬の生ウニや宮古トラウトサーモンの加工品のほか、定番のイクラや刺し身、干物など。商品の購入ページや会員制交流サイト(SNS)で調理法やアレンジレシピを紹介し、港町の知恵や慣習を共有している。

港の百貨店:https://minato100.jp/