2021.06.22

花火で活気「盛岡どんぱ」 実行委、高松公園会場に9月

会場となる高松公園周辺で花火打ち上げのイメージを確認する佐藤林太郎委員長(左)ら
会場となる高松公園周辺で花火打ち上げのイメージを確認する佐藤林太郎委員長(左)ら

 盛岡市内の有志は9月25日に同市の高松公園で市内最大規模の花火大会「盛岡どんぱ」を開催する。秋田県大仙市の花火師たちが参加して約1万発を打ち上げる。かつて同公園で行われていた花火大会復活を企画。飲食ブースやさんさ踊りの場なども設け、新型コロナ禍で落ち込んだ雰囲気を盛り上げる。

 市内の企業や団体、大学生が集まり、盛岡どんぱ実行委(佐藤林太郎委員長)が主催し、高松池付近で打ち上げる。かつての盛岡競馬場跡地周辺に飲食ブースを設けるほか、岩手大、県立大のさんさ踊り実行委員会が協力し、華やかな踊りが会場を彩る。

 実行委はスタッフや、企業・団体の協賛を募集している。問い合わせは同実行委(donpa.morioka@gmail.com)へ。

◇      ◇

 記事全文は、6月22日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞