1日の県内は高気圧に覆われたが、気圧の谷や湿った空気の影響で曇りや晴れとなった。県内の中学、高校生は冬服から夏服に衣替えし、通学路には初夏の装いが広がった。

 盛岡市大沢川原の岩手女子高(荒屋敷均校長、生徒406人)では、夏服に身を包んだ生徒が、街路樹の緑が濃さを増す歩道を軽やかな足取りで登校した。