2021.06.19

伊藤ふたば 複合予選3位 盛岡でクライミング2大会

女子複合予選 3位で決勝に進んだ伊藤ふたば(TEAM au)=県営運動公園スポーツクライミング競技場
女子複合予選 3位で決勝に進んだ伊藤ふたば(TEAM au)=県営運動公園スポーツクライミング競技場

 スポーツクライミングでボルダリングとリードの2種目による複合ジャパンカップは18日、盛岡市の県営運動公園スポーツクライミング競技場で開幕して予選が行われ、女子の伊藤ふたば(TEAM au、盛岡中央高)は3位で決勝に進出した。

 伊藤はボルダリングが4課題を完登し2位、リードは8位だった。東京五輪代表勢は女子の野中生萌(XFLAG)がトップ、野口啓代(TEAM au)が4位で予選を通過。男子の楢崎智亜(TEAM au)も4位で各8人による19日の決勝に進んだ。

 スピードジャパンオープンも行われ、野中が予選で自らの記録を0秒32更新する7秒88の日本新記録を出した。男子は安川潤(千葉県協会)、女子は河上史佳(鳥取県協会)が制した。

◇      ◇

 詳報は、6月19日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞