2021.06.18

焼石岳(奥州市)=6月17日

焼石岳の花情報

報告:いわて自然公園特派員 菅原 壮

トチバニンジン盗掘跡

 今にも降り出しそうな空模様でしたが中沼登山口より入山。いきなり大変残念な事態が目に入りました。ここ数年観察していた「トチバニンジン」が何者かによって盗掘された跡がありました。数日前には今年も2本の株があり花芽も付けていましたので開花が楽しみでしたが本当に残念です。登山者ではないと思いますが、絶対に許しがたい出来事でした。

 銀明水までは、分岐地点を除いては残雪はほとんどありません。大雪渓はだいぶ残雪が少なくなっていましたが、それによってコース取りが少し変更になりました。大変滑りやすくなってきていますので、残雪上に道?を付けてあります。スコップを常時置いてありますので、歩きにくい方はご使用可です。

 さて、姥石の花状況ですが、今がベストシーズンのようです。特にミヤマシオガマがハクサンイチゲ、ミヤマキンバイ、ユキワリコザクラ、ヒナザクラ、ムシトリスミレなどとの共演で目立っています。来週始めごろまでは楽しめるでしょう。

 登山道脇などでは、リュウキンカ、ミズバショウ、シラネアオイ、コミヤマカタバミ、「サンカヨウ」の透き通るような花が見られました。

 コバイケイソウも今年はたくさん花を咲かせています。ミツガシワ、ハクサンチドリ、オオバミゾホオズキ、オオバキスミレ、キバナノコマノツメ、ミヤマナラ、ミネカエデ、チングルマなど、たくさんの花が観察できます。

 大雪渓午前中は硬く締まっています。滑落には十分お気を付けください。軽アイゼン使用のほうが無難でしょう。

ツリバナ
ツクバネウツギ満開でした
サンカヨウ透き通るように見えました
コバイケイソウ上沼にて
オオバミゾホオズキ
雪渓を登攀(とうはん)
ミヤマシオガマとユキワリコザクラ
ミヤマシオガマ咲く草原
焼石岳泉水沼