2021.06.18

野菜作り 新たな交流 一関・千厩のサロンアップル会

コロナ禍にあって安心な屋外で野菜作りを楽しむ高齢者
コロナ禍にあって安心な屋外で野菜作りを楽しむ高齢者

 一関市千厩町の新町自治会サロンアップル会(金野幸子世話人代表)は、新型コロナウイルス感染症の流行が続く中、屋内中心の活動から農園での野菜作りに軸足を移している。

 「密」にならない安全な環境で体を動かしながら収穫の喜びを共有できる、新たな交流の形を楽しんでいる。

 同町郊外の道路沿いの畑。握り拳大を上回る丸々としたタマネギを手で次々収穫し、参加した約20人は笑みを広げた。

◇      ◇

 記事全文は、6月18日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞