湯本地区学校運営協議会(太田達久会長)の初会合は16日、花巻市大畑の湯本小で開かれた。地域の小中学校で市内初のコミュニティースクール(地域運営学校)を構築する方向性を話し合った。

 関係者約30人が出席。湯本地区コミュニティ会議の高橋貞臣会長ら31人が委員の委嘱を受けた。

 対象校は湯本小(千田剛校長、児童167人)と湯本中(菅原正浩校長、生徒125人)。