大阪に住む高齢の母の体調が悪く、救急車を呼びたい。でも横浜から119番通報(つうほう)してもいいの? 横浜市港北(こうほく)区の主婦(59)から神奈川新聞の特命取材班にこんな疑問(ぎもん)が寄せられた。確かに「119」は市外局番なしで全国どこからでもつながるが、遠く離れた場所から依頼(いらい)しても問題(もんだい)ないのだろうか。

 疑問を寄せた女性の母は大阪で1人暮らしで、ある朝に「息が苦しい」と女性に電話した。女性は「誰(だれ)かに頼んで救急車を呼んでもらって」と母に伝え、近所の住民が119番通報してくれたという。

 119番は固定(こてい)電話でも携帯(けいたい)電話でも最寄(もよ)りの消防指令(しょうぼうしれい)につながる。そのことを知っていた女性は「私が通報すると横浜市消防(しょうぼう)につながる。大阪に転送してくれるのか分からなかった」と振り返り、「今回は近所の人が助けてくれて母も無事だったが、留守(るす)の場合もある」と不安を口にした。

 横浜市消防局に、こうしたケースの対応を聞いた。

 「大阪などの遠隔(えんかく)地には転送していません。その場合は大阪の消防の電話番号を伝えて、直接かけ直してもらうことになります」

 予想外だった。遠隔地とはいえ、国内なら簡単に転送できるものだと思っていた。システム上は可能に思えるが、なぜ転送していないのか。

 理由はいくつかあった。①通報者は、最初につながった消防と転送先の消防に重複(ちょうふく)して話をする必要があるため、時間がかかる②職員(しょくいん)が転送先とやりとりしている間はほかの通報に対応できない③通報者が転送先の消防と通話している間、電話を受けた消防の回線が一つふさがる─などだ。

 そうはいっても、緊急(きんきゅう)時で焦っているときに番号をメモして、きちんとかけ直すことができるだろうか?

 総務省消防庁に全国の状況を確認した。

 「国の統一基準(きじゅん)はありませんが、遠隔地へ転送したりかけ直してもらう場合でも連絡先が分かるよう、全国の消防の電話番号リストを配布しています」

 同庁によると、過去に通報を受けた消防が遠隔地の消防の連絡先が分からず、転送できなかったケースがあり、通報者から問題提起があった。そのため2018年からリストを配布し、毎年更新しているという。

 全国的に起こりうる問題なのに、統一基準がないのはなぜか。同庁は「通報を受けた消防管内の災害(さいがい)発生状況なども違うので、現場を理解している地元の消防で判断して対応してもらうしかない」と説明した。

 では、通報者はどう行動すればいいのだろう。

 指令業務を担う県内18消防にアンケートを実施(じっし)した結果、通報者に望む行動として相模原(さがみはら)や平塚(ひらつか)など8消防が「とりあえず119番通報する」を選択。「一般(いっぱん)市民では消防指令センターの番号は分からない」「自治体(じちたい)によっては指令業務の共同運用などで別の消防本部に転送される場合がある。迷わず119を」などの理由が挙がった。

 「事前に番号を調べて登録(とうろく)しておき、現地に直接電話を」を選んだのは鎌倉(かまくら)や藤沢(ふじさわ)など7消防。転送や、番号を教えるとなると対応に時間がかかり、出動も遅れるといった理由だ。

 一体、どれが正解なのか。消防庁にも聞いた。

 担当者は「ケース・バイ・ケース」と前置きし「119番通報では通報者の位置情報が送られたり、優先的につながったりと、いろいろ仕掛けがある。緊急時は一般電話より119番を、というのが正直なところです」。できる限り、現地で119番通報をすることが望ましいようだ。

 その上で、高齢の家族などが離れて住んでいる場合、前もって現地の消防に相談するのも手だと教えてくれた。「例えば電話以外にも、ペンダント型の装置を押すと緊急通報が入るといった自治体の見守りサービスもある。緊急時はどうすべきか、消防ごとにアドバイスがもらえるのでは」

 (神奈川新聞社提供)