【山形県鶴岡市で運動部・千葉優雅】第15回春季東北地区高校軟式野球大会最終日は15日、山形県の鶴岡ドリームスタジアムで決勝を行い、本県第1代表の専大北上は延長十四回タイブレークの末、0-2で仙台育英(宮城)に敗れ、11年ぶりの優勝はならなかった。

 専大北上は主戦佐藤瑠聖(るいせい)(3年)が、12回を4安打無失点と好投。打線は初回の好機を逃し、試合は0-0のまま延長十三回から無死一、二塁で始まるタイブレークに。延長十四回にスクイズで2点を奪われ、直後の攻撃で無死満塁を生かせなかった。