県バスケットボールフェスティバル(県バスケットボール協会主催)は13日、盛岡市本宮の盛岡タカヤアリーナで開かれ、子どもらが本県出身のプロ選手と交流した。

 未就学児から大人まで約500人が参加。子どもたちは、Bリーグ1部三河の川村卓也(盛岡南高)や富山への移籍が決まった晴山ケビン(盛岡市立高-東海大)ら7選手から指導を受け、一流の技術に触れた。