第33回県高校情報処理競技大会(県高校商業教育協会主催)は12日、宮古市磯鶏の宮古商工高商業校舎で開かれ、団体の部は盛岡商が9大会連続12度目、個人の部は菅秀介さん(盛岡商2年)が優勝した。

 新型コロナウイルスの影響で昨年は中止し、2年ぶりの開催。7校46人が情報処理の知識や計算、プログラミングのアルゴリズムを問う筆記試験に挑み、各校上位3人の合計を団体得点として競った。

 団体の部準優勝は水沢商、3位は花北青雲。個人の部準優勝は小野寺悠真さん(盛岡商2年)、3位は千葉陽仁(あきひと)さん(水沢商3年)だった。