盛岡広域振興局と盛岡市は11日、県の飲食店を対象とした新型コロナウイルス感染症対策の認証制度導入促進へ、市内中心部の飲食店で感染予防対策の徹底と認証取得を呼び掛けた。

 県職員と市職員が10班に分かれ、602店舗を訪問。認証制度の基準は、手指消毒の徹底やアクリル板の設置など28項目。対策確認を経て認証マークを交付し、専用ホームページで認証店として公表する。認証を受けた業者には支援金10万円を給付する。

 申請受け付け開始は6月下旬ごろを予定している。