2021.06.12

県と市町村の二重予約に注意 高齢者ワクチン接種

 県内の新型コロナウイルスワクチンの高齢者向け接種は、15日から窓口が異なる県と市町村で並行して手続きが始まるため、二重予約に注意が必要だ。

 県の集団接種サイトは仕組み上、市町村で予約済みの人も入力可能で、重複によりワクチンが余れば廃棄の可能性もある。各自治体は、キャンセルする際には連絡を徹底するよう求めている。

◇      ◇

 詳報は、6月12日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞