2021.06.10

栗駒国定公園 ・栗駒山(一関市)=6月5日9時30分~

花の開花進む!

報告:日本自然保護協会 自然観察指導員 鈴木清明

ハルリンドウが咲く名残ケ原。さわやかな風の中です!

 本日は遅い入山でしたので、とりあえず笊森避難小屋を目指しました。

 須川温泉を手前にて、気になる花が目に入りました。車を止めたところ、何とノビネチドリではありませんか。しかも、珍しい白花の中にピンク色が一株立っていました。

 駐車場へ着きますと、遠くからアカショウビンのさえずりが聞こえてきました。何ということだろう。聞き惚れていましたが、その方向へ足を向けていきますと、ビジターセンターの裏手、いや建物の中からでした。

 蒸かし湯から硫黄採掘場跡~名残ケ原~苔花台~産沼コース~笊森分岐~雪渓部の標識が確認できず。タイムオーバーとなり昼食をとり帰路へ。

 本日も多くの花を見ることができました。

 ノビネチドリ、イワヒゲ、ギンラン、ウラジロヨウラク、ミネザクラ、ミネズオウ、ツマトリソウ、コヨウラク、タテヤマリンドウ、ワタスゲ、イワナシ、ツバメオモト、サンカヨウ、イワカガミ、イワイチョウなど約30種類を確認できました。

 野鳥類では、センダイムシクイ、オオルリ、エゾムシクイ、ミソサザイ、ホオジロ、ウグイス、ウソのさえずりを確認しました。

ときには焼石連峰の遠望を……!
ワタスゲが咲きだしていました!
ウラジロヨウラクが旬を迎えていました!
まさに高嶺の花のイワヒゲ(高所で)開花です!
道路脇に咲く、なんと白花ノビネチドリです!
ピンク色のイワナシが出迎えてくれました!
清楚な姿で咲くサンカヨウ!
ハルリンドウかなり咲きだしています!
2メートルのところで優しくフィーフィーとさえずっているウソ君でした!