全日本大学野球選手権第3日は9日、東京ドームなどで2回戦6試合が行われ、本県の富士大(北東北)は、国学院大(東都)に2-4で敗れ、ベスト8進出はならなかった。

 富士大は四回、麦谷祐介(1年、宮城・大崎中央)のランニング本塁打で2点を先制。主戦金村尚真(3年、岡山学芸館)は五回まで要所を抑えていたが、六回にソロ本塁打、七回に同点適時打を浴び降板。救援投手がさらに2本の適時打を許し、逆転を喫した。