2021.05.09

「町技」なぎなた 普及さらに 一戸でフェス初開催

「リズムなぎなた」を発表した一戸高なぎなた部
「リズムなぎなた」を発表した一戸高なぎなた部

 一戸町なぎなた協会(春日川寛治会長)は8日、同町高善寺の町体育館で「なぎなたフェスティバル」を開いた。町内の高校生が全国トップレベルで活躍していることを追い風に、競技のさらなる普及を目指して初めて開催。来場者が「町技」の奥深さに触れ、関心を高めた。

 町民ら約200人が参加した。一戸高と一戸中、奥中山中のなぎなた部は「リズムなぎなた」を発表。軽快なポップスに乗って息の合った動きを見せ、観客から盛んな拍手を受けた。団体基本や全日本なぎなたの形、団体戦なども披露し、目を引いた。

◇      ◇

 記事全文は、5月9日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞