2021.05.08

被災地応援職員 10年の軌跡 県、活動や現場の声を冊子に

県が発行した応援職員の活動を記した冊子
県が発行した応援職員の活動を記した冊子

 県は東日本大震災に伴う応援職員の活動を記録した冊子を発行した。全国の自治体から差し伸べられた支援に感謝を伝え、応援職員がつづった「岩手愛」が感じられる。本県の被災市町村に中長期的に派遣された応援職員は2012~20年度に延べ4668人に上る。派遣元などに配り、今後起こりうる災害からの復興に役立ててもらう。

 A4判102ページの2章構成。冊子は震災から10年が過ぎ、国の第1期復興・創生期間が終了したことを機に千部を発行した。うち約800部は派遣元の自治体などに送った。県ホームページからダウンロードもできる。

◇      ◇

 記事全文は、5月7日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞