2021.05.07

県内 高齢者向け接種が本格化 新型コロナワクチン

 高齢者向けの新型コロナウイルスワクチンの接種が、県内各地で本格化している。国などの計画によると、接種が始まった葛巻町や普代村は、17日の週までの供給分で必要量を確保できる見通し。国は6月最終週までに全国へ供給する方針を示しており、大半は6月にかけて事業が進む方向だ。各自治体は集団接種会場への移動手段の確保や、接種への理解促進など対応に動いている。

 17日の週までの供給量は、高齢者人口(2020年10月現在)に対して単純計算すると、葛巻町122・3%(対象者2709人)、普代村99・9%(同1073人)となる見通し。50~89%は8市町村で大半は半数に達しない。西和賀町は98・6%となる計算だが、医療従事者向けに回すことを検討している。

◇      ◇

 記事全文は、5月7日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞

関連リンク