2021.05.06

スマホで楽ちん観光 一関・平泉でJR東日本「東北MaaS」

東北MaaS(一関・平泉)のイメージ
東北MaaS(一関・平泉)のイメージ

 JR東日本は9月末まで、一関・平泉エリアでスマートフォンを使った観光サービス「東北MaaS(マース)」を展開し、効果を検証している。東北デスティネーションキャンペーン(DC)に合わせた企画で、予約に応じて運行する「オンデマンド交通」や、土産物店・飲食店での非接触決済が可能。観光客だけでなく、地域住民の利用も目指す。

 MaaSは「Mobility as a Service」の略。さまざまな交通手段による移動のルート検索や予約、支払いなどを一つのサービスとして統合する概念で、世界各国で実用化が進んでいる。

◇      ◇

 詳報は、5月5日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞