東京パラリンピックの聖火フェスティバル県内開催まで100日となり、記念イベントが4日、陸前高田市高田町の商業施設アバッセたかたで開かれ、来場者は本番へ期待を膨らませた。

 買い物客らは「桜ピンク」の聖火トーチを間近で眺めては、写真に収めた。パラリンピック競技用の車いすの乗車体験や本県出身の五輪選手に関する展示も行った。

 県内の聖火フェスティバルは8月12~16日に行われる。