【アナハイム共同】米大リーグ、エンゼルスは3日(日本時間4日)、大谷翔平(花巻東高)が本拠地アナハイムでのレイズ戦の先発登板を回避したと発表した。「2番・指名打者」で試合には出場。同じく指名打者で出た前日の一戦で右肘付近に死球を受けていた。

 大谷は一回に93マイル(約150キロ)の速球を利き腕に受け、しばらくうずくまった。その後は2盗塁を決めるなどフル出場したが、先発登板についてマドン監督は「当日の様子を見て判断する」としていた。

 今季は投打同時出場した4月26日に3年ぶりの白星を挙げるなど、3試合で1勝0敗、防御率3・29。