自転車ロードレース「おおつち新山(しんやま)高原ヒルクライム2021」(実行委主催)は30日、大槌町内で2年ぶりに開かれ、県内外の参加者約130人が新緑の中をさっそうと駆け抜けた。

 コースは同町末広町のおしゃっちから新山高原までの約24キロ。住宅街を抜ける前半はパレード区間としてサイクリングを楽しみ、斜度が増す11キロ地点からタイムを競うヒルクライムの部(約13キロ、標高差864メートル)が展開された。