2021.05.30

繋の運動合宿施設廃止へ 盛岡市、維持費重く

盛岡市が来年3月末で廃止する市つなぎスポーツ研修センター
盛岡市が来年3月末で廃止する市つなぎスポーツ研修センター

 盛岡市は同市繋の合宿施設市つなぎスポーツ研修センターを本年度末で廃止する。2016年岩手国体の選手強化を念頭に、県国保連から無償で借り受けた温泉宿泊施設を改修したセンターだが、利用の伸び悩みと今後の施設維持費が課題となり廃止を決めた。

 繋温泉内に位置する研修センターは、鉄筋コンクリート造り地上5階(地下1階)建て。宿泊部屋や研修室、温泉大浴場などを備える。周辺には人工芝のつなぎ多目的運動場、御所湖漕艇(そうてい)場などのスポーツ施設が点在する。

 研修センターは国体の選手強化、合宿誘致などスポーツから派生する観光「スポーツツーリズム」推進を目的に14年4月オープン。既に運営を終えていた温泉宿泊施設ひまわり荘を市が借り受けて、施設を改修した。

◇      ◇

 記事全文は、5月30日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞