2021.05.29

高齢者接種加速へ市町村支援 県が来月チーム設置

 新型コロナウイルスワクチンの高齢者向け接種の加速に向けて、県は6月1日、市町村の支援チームを設置する。不足する医療従事者の確保に向け、連携する県医師会(小原紀彰会長)の事務局に県職員が駐在。現場の課題などの情報共有を進め、7月末の接種完了を目指す。

 チームは保健福祉部内に設置し、態勢はワクチン担当などの県職員8人。うち盛岡市菜園の県医師会館に3人の席を設け、本庁勤務と並行しながら県医師会と連携する。

◇      ◇

 詳報は、5月29日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞