盛岡地方気象台は28日、寒気を伴った低気圧の影響で29日朝から昼にかけて警報級の大雨となる恐れがあるとして、県気象情報を出した。土砂災害や低い土地の浸水に注意を呼び掛けている。

 同気象台によると、低気圧が日本海を北東へ進み、県内は1時間25ミリ程度の強い雨が降る見込み。同日午後6時までに予想される24時間降水量は内陸で50ミリ。大気の状態が不安定で竜巻や突風、落雷、ひょうに見舞われる恐れもあり、農作物や農業施設への被害にも注意が必要だ。