第73回全国植樹祭の県実行委(会長・達増知事)は26日、陸前高田市の矢作小(松本祥子校長、児童19人)に育成を委託するヤブツバキの苗木10本を引き渡した。2023年に同市で開かれる全国植樹祭で植える。

 県の担当者が同校を訪れ、苗木の育成を任された3、4年生計5人に水やりの方法や適切な日当たりを説明した。