月が地球の影にすっぽりと入る皆既月食が26日夜、3年ぶりに日本で観測された。月が地球に近づいて大きく見える「スーパームーン」という状態と重なり、県内でも晴れた場所では午後8時9分から約20分間、春の夜の珍しい天体ショーを住民らが楽しんだ。

 皆既月食は、太陽からわずかに届く光に照らされ、月が真っ暗にはならず赤銅色に見えるのが特徴。県内でも二戸市や釜石市などで観測された。雲が広がりくっきりと見えない時間もあったが、幻想的な夜空の「アート」に天文ファンらは目を輝かせた。