2021.05.27

森に理解深め全国特選 住田・有住中、学校関係緑化コンクール

町内の山林で間伐に挑戦する生徒(有住中提供)
町内の山林で間伐に挑戦する生徒(有住中提供)

 住田町上有住の有住中(岩角聖孝校長、生徒27人)は、昨年度の全日本学校関係緑化コンクール(国土緑化推進機構主催)学校林等活動の部(中学校)で特選に選ばれた。

 県内で同コンクールの特選を受賞したのは1996年以来。町の9割を森林が占め、林業従事者も多い地域特性と学校林を生かした学習が評価された。

 同校は生徒が3年間を通じて町内の植生や林業を学ぶ森林学習を2010年から展開。同町と奥州市、遠野市にまたがる種山の散策や学校林などでの間伐体験、木工産業の現場見学などを行っている。

◇      ◇

 記事全文は、5月26日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞