2021.05.25

岩手の豆腐 全国に発信 矢巾・一恩、詰め合わせを商品化

岩手名店セット「絆」を手にする鈴木光太店主
岩手名店セット「絆」を手にする鈴木光太店主

 矢巾町の豆腐移動販売店「一恩(いちおん)」(鈴木光太店主)は24日、テレビのショッピング番組で、県内3店の豆腐を詰め合わせた「岩手名店セット『絆』」の販売を始めた。寄せ豆腐や焼き豆腐など個性豊かな6種類を厳選。本県の職人が心を込めて作る豆腐の魅力を全国に発信する。

 同セットは、ふうせつ花(八幡平市)の「寄せ豆腐」3種類(白い大豆、緑の大豆、黒の大豆)、りかちゃん工房の昔とうふ(一関市)の「豆腐のみそ漬」と「白とうふ」、TOFokU(普代村)の「焼き豆腐」を詰め込んだ。豆腐を引き立てるたれ付きで、食べ比べを楽しめる。価格は3456円(送料別)。

 問い合わせは同店(019・677・8576)へ。

◇      ◇

 記事全文は、5月25日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞