大船渡市末崎町のいわて銀河農園(資本金8千万円、橋本幸之輔代表取締役)は、農産物の生産管理に関わる国際認証「グローバルGAP」を取得した。

 震災の被災跡地を活用してハウス栽培を始めてから2年。本県のトマト栽培としては初の取得となり、桜田伸介事業所長は「県内農業の盛り上げにつなげたい」と意欲を燃やす。