2021.05.24

剣道、花巻北が10大会ぶりV 県高校総体、女子は盛岡白百合

剣道男子団体決勝リーグ 花巻北-福岡 代表戦で激しく打ち合う花巻北の阿部玲惟(右)と福岡の丹野明道=盛岡市・県営武道館
剣道男子団体決勝リーグ 花巻北-福岡 代表戦で激しく打ち合う花巻北の阿部玲惟(右)と福岡の丹野明道=盛岡市・県営武道館

 第73回県高校総合体育大会第4日は23日、県内で10競技を行い、剣道団体は男子の花巻北が10大会ぶり、女子の盛岡白百合学園は3大会ぶりに頂点に立った。ハンドボールは男女とも不来方が制し、男子は連覇を23に、女子は6に伸ばした。ラグビーは黒沢尻北が4大会ぶりに返り咲いた。弓道男子団体は福岡が2大会連続の栄冠。陸上は男子三段跳びの滝沢遵併(じゅんぺい)(盛岡南3年)が14メートル83で走り幅跳びとの2冠、女子800メートルの田中希歩(盛岡誠桜2年)は2分13秒20で、1500メートルに続き勝った。総合は男子の盛岡南が8大会連続、女子の盛岡市立が33大会ぶりに栄光を手にした。

 第5日の26日はバスケットボールが始まる。

◇      ◇

 詳報は、5月24日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞