岩手日報社は文化庁、日本フィルハーモニー交響楽団などと共催で「日本フィルハーモニー交響楽団 東北の夢プロジェクト2021 楽しいオーケストラin岩手」の公演を7月22日、県民会館・大ホールで開催します。前売り券は27日に指定プレイガイドで発売します。

 日本フィルは東日本大震災以降300回にわたって音楽による被災地支援活動を行ってきました。音楽文化を通じた地域の活性化を東北地方へと広げるために、被災地の文化団体とオーケストラ・バレエが一体となって文化発信を行います。

 本公演では指揮者に永峰大輔氏を迎え、ブラームスの「ハンガリー舞曲第1番」などを演奏。スターダンサーズ・バレエ団によるチャイコフスキーの「くるみ割り人形」のほか、ゲストコーナーでは陸前高田市の気仙町けんか七夕太鼓(気仙小)、宮古高吹奏楽部が出演します。

 ◇主催 文化庁、日本フィルハーモニー交響楽団

 ◇共催 岩手日報社、IBC岩手放送、岩手県

 ◇期日 7月22日(木・祝)午後2時30分開演

 ◇会場 県民会館・大ホール

 ◇入場料 大人 3千円、子ども(4歳~高校生)1500円

 ◇プレイガイド 県民会館、カワトク、アネックスカワトク、フェザン、岩手日報社事業部、ローソンチケット(Lコード=21604)

 ◇問い合わせ 岩手日報社事業部(019・653・4121)

岩手日報社