21日は二十四節気の一つ「小満」。草木が成長して生い茂るころとされる。20日の県内は高気圧に覆われ過ごしやすい一日となり、一戸町小鳥谷(こずや)では国指定天然記念物「藤島のフジ」が見頃を迎えた。

 青空の下、樹齢数百年とされる高さ約20メートルの大木から鮮やかな紫色の花が垂れ下がり、周囲に甘い香りを漂わせた。見頃は22日ごろまで続きそうだ。