2021.05.02

盛岡市医師会、5千人接種 コロナワクチン、滝沢で2日間かけ

2日間で5千人規模の接種を計画する盛岡市医師会の集団ワクチン接種。医療従事者の感染防止が期待される=滝沢市砂込・アピオ
2日間で5千人規模の接種を計画する盛岡市医師会の集団ワクチン接種。医療従事者の感染防止が期待される=滝沢市砂込・アピオ

 盛岡市医師会(吉田耕太郎会長)は1日、滝沢市砂込のアピオの催事場で、医療従事者向けの新型コロナウイルスワクチンの集団接種を2日間の日程で開始した。県内で集団接種を行う4医師会のうち最大規模で、2日までの接種対象者は計約5千人。初日は数人が一時体調不良を訴えたが、トラブルはなかった。

 県によると、接種対象となる県内の医療従事者は約4万8千人で、2回の接種が必要となる。4月23日時点の接種回数は1回目が2万1793回、2回目が9282回。対象者の約2割が2回の接種を終えたとみられ、6月末をめどに完了する見通し。

◇      ◇

 詳報は、5月2日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞

関連リンク