2021.05.17

おうちで本格ギョーザ 滝沢の持ち帰り専門店、4種販売

「家庭で本格的なギョーザを味わってほしい」とPRする明戸均社長(左)
「家庭で本格的なギョーザを味わってほしい」とPRする明戸均社長(左)

 盛岡市の八幡創活サポートセンター(明戸均社長)は、滝沢市大釜の初駒盛岡インター店敷地内に「生餃子(ギョーザ)専門店ぽんぽこ」をオープンさせた。新型コロナウイルス禍の新たな生活様式に対応した完全テークアウトのギョーザ店で、包みたての自慢の味を多くの家庭で楽しんでもらうことを目指す。

 開店当日の15日は多くの客が訪れ、次々と商品を買い求めた。

 販売しているのは、国産野菜の甘みが特長の「ぽんぽこ生餃子」(18個入り550円)をはじめ、「にんにく餃子」(16個入り550円)、「青しそ餃子」(同600円)、「杜仲茶(とちゅうちゃ)ポーク餃子」(同650円)の4種類。ほかに冷凍ギョーザ(生ギョーザから各50円引き)もある。

 午前10時~午後7時。問い合わせは同店(019・681・0007)へ。

◇      ◇

 記事全文は、5月17日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞