陸前高田市などの有志でつくる三陸花火競技大会実行委(浅間勝洋委員長)は15日、同市で無観客の花火打ち上げを行った。約千発が東日本大震災からの復興に歩む街を照らし、映像をオンライン配信した。

 音楽に合わせて多彩な花火が打ち上がり、夜空を彩った。映像は動画投稿サイト「ユーチューブ」などで配信され、市内外の人たちが楽しんだ。

 新型コロナウイルス感染症拡大のため中止となった三陸花火大会の代替行事。