一関市と宮城、秋田両県にまたがる栗駒山(1626メートル)は16日、山開きした。登山者は残雪を踏みしめながら春山の自然を満喫した。

 一関市厳美町の須川ビジターセンター前で安全祈願祭を行い、勝部修市長らが出席。本県側から山頂への産沼(うぶぬま)コースはまだ雪が深く、同日は市観光協会が約2時間のトレッキングツアーを行った。