盛岡市上田 岩手大教職大学院1年 近藤 開人(かいと)さん(22)

 大船渡市出身で、東日本大震災当時は盛小の6年生だった。自宅や学校は被害を免れたが通学路だった町並みは変わり果て、目の前の現実を理解できなかった。現在は高校教員を目指して日々奮闘している。自身の経験を生徒に話すことで、震災に対する関心を持ってもらいたい。震災の記憶を後世に伝えていくことが使命だと感じている。