県内トップの鶏肉産地をPRする九戸村の非公式キャラクター「キングオブチキン(オブチキ)」の絵本「ニワトリになったぼく」の販売が始まった。ユニークな絵と「多様性」をテーマとした内容で注目を集めそうだ。

 20センチ正方、36ページで2千円。さわや書店5店舗や同村山屋の道の駅おりつめオドデ館で取り扱っている。

 内容は朝起きると鶏になっていたオブチキが、周囲の反応に不安を覚えながらも村や学校で周囲と仲良く生きていく物語。「マイノリティー(少数派)を受け入れる温かい村へ」との願いを込めた。