2021.05.16

朗希、勝敗付かず プロ初登板、5回4失点5奪三振

西武戦に先発し、プロ初登板を果たしたロッテの佐々木朗希投手=16日、千葉市・ZOZOマリンスタジアム
西武戦に先発し、プロ初登板を果たしたロッテの佐々木朗希投手=16日、千葉市・ZOZOマリンスタジアム

 【東京支社】プロ野球ロッテの佐々木朗希投手(19)=大船渡・一中ー大船渡高=が16日、千葉市のZOZOマリンスタジアムで行われた西武戦に先発し、2年目でプロ初登板を果たした。5回107球を投げて被安打6、奪三振5、4失点で、最速154キロを計測。勝敗は付かなかった。

 一回に1死一、三塁のピンチを招いたが、4番山川穂高(富士大)から三振を奪い、無失点で切り抜けた。2点の援護をもらった直後の二回は三者凡退。4ー0の三回は味方の失策から走者を背負い、2本の適時打と犠飛で3点を失った。五回2死三塁から暴投で4ー4の同点に追い付かれたが、直後にマーティンの2ランで勝ち越し。勝利投手の権利を持って降板したものの、救援陣がリードを守れず、初勝利はならなかった。試合は6ー6の引き分け。

 陸前高田市出身の佐々木は大船渡高時代に球速163キロを計測して注目を浴びた。1年目の昨季は体づくりに専念して実戦登板はなかった。今季は3月12日の中日とのオープン戦でプロ入り後初めて試合で投げた。開幕後は2軍で5試合に登板し、20回で19三振を奪うなど好成績を残して1軍に昇格した。

◇    ◇

 号外「朗希力投 プロ初登板」を電子新聞「岩手日報デジタル版」で配信しています。会員登録(無料)すると、閲覧できます。

 岩手日報デジタル版

号外はこちら

会員登録はこちら