2021.05.16

黒沢尻工や宮古商工など2回戦へ 春季高校野球県大会

久慈東-黒沢尻工 9回裏黒沢尻工2死一、二塁、サヨナラのホームを踏んだ二走柏葉(左から2人目)とサヨナラ打を放った藤沢が歓喜のハイタッチ。捕手釜谷=一関
久慈東-黒沢尻工 9回裏黒沢尻工2死一、二塁、サヨナラのホームを踏んだ二走柏葉(左から2人目)とサヨナラ打を放った藤沢が歓喜のハイタッチ。捕手釜谷=一関

 第68回春季東北地区高校野球県大会第2日は15日、一関市の一関運動公園球場など2球場で1回戦6試合が行われ、黒沢尻工が久慈東に5-4でサヨナラ勝ちした。初出場の宮古商工は6-5と、伝統校福岡との接戦を制した。花巻南は攻守がかみ合い、4-0で岩手を下した。昨秋県大会4強の花巻農はコールド勝ち。水沢、専大北上もコールドで2回戦に進出した。

 第3日の16日は2回戦8試合を行い、夏の岩手大会のシードを得る8強が決まる。

◇      ◇

 詳報は、5月16日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞

 

<第2日>(5月15日)
◇1回戦

【一関市・一関運動公園球場】

▽第1試合
久慈東  001 003 000 -4
黒沢尻工 002 000 021x-5

▽第2試合
一関一 100 000 00 -1
花巻農 100 123 01x-8
(8回コールド)

▽第3試合
専大北上 018 015-15
釜石商工 002 000-2
(6回コールド)

【金ケ崎町・しんきん森山スタジアム】

▽第1試合
花巻南 100 030 000-4
岩 手 000 000 000-0

▽第2試合
宮古商工 401 001 000-6
福  岡 010 310 000-5

▽第3試合
福岡工 000 000 0-0
水 沢 101 133 x-9
(7回コールド)

関連リンク