2021.05.14

高齢者の接種計画練り直し急ぐ コロナワクチンで県内町村

 高齢者向けの新型コロナウイルスワクチン接種について、県内の自治体の多くが政府が目標とする7月末の完了に向け、接種計画の練り直しを急いでいる。

 岩手日報社が19町村に取材したところ、少なくとも軽米、大槌の両町が現行態勢の場合の完了時期を8月以降と想定。スピードアップには接種する医療従事者の確保が不可欠で、県などに対して人材の派遣などの支援を求めている。

◇      ◇

 記事全文は、5月14日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞