2021.05.13

墨飯染 50年の集大成 岩手教育会館、19日まで個展

ぬくもりを感じさせる墨飯染の作品と制作者の佐藤貴和子さん
ぬくもりを感じさせる墨飯染の作品と制作者の佐藤貴和子さん

 盛岡市南大通の墨飯染(ぼくはんぞめ)作家・佐藤貴和子さん(94)は19日まで、同市大通の岩手教育会館で個展「墨飯染と私」を開いている。指で布に米のりを塗り、その上に墨汁を落として濃淡を生み出す自身が生み出した芸術の集大成の場。情熱を込めた味わい深い作品が来場者を魅了している。

 こいのぼりの親子を描いた掛け軸「五月の風」や日本の四季をびょうぶに描いた「春夏秋冬」など、40年ほど前から最近にかけて制作した37点が並ぶ。

 墨飯染は佐藤さんが約50年前に開発し、1985年に特許を取得した独自の技法。作品は黒や赤、黄色などの墨汁を使い、太陽や植物などを表現する。「人と人とのつながり」がテーマで、ぬくもりを感じさせる。

 会場では自身が手掛けた油絵3点も展示している。午前10時~午後5時。

◇      ◇

 記事全文は、5月13日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞