2021.05.13

春季高校野球県大会あす開幕

13日付岩手日報の特集紙面
13日付岩手日報の特集紙面

 高校野球の第68回春季東北地区県大会は14日、一関市の一関運動公園球場などで開幕する。昨秋の県大会を制した盛岡大付や同3位で東北大会4強の花巻東が優勝争いの中心になりそうだ。出場29校のうち22校が秋春連続の県大会出場。一冬を越えて成長したナインが熱戦を繰り広げる。

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、原則無観客で開催する。14~16日に一関市の一関運動公園球場と唐梅館総合公園東山球場、金ケ崎町のしんきん森山スタジアムで1、2回戦を実施。18日に準々決勝、22日に準決勝、23日に3位決定戦と決勝がある。8強に夏の岩手大会のシード権を与える。

 上位2校は秋田県で6月2日開幕予定の東北大会の出場権を得るが、東北地区高野連は開催可否を検討しており、13日に判断する。

◇      ◇

 詳報は、5月13日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞